バーチャルオフィスのメリットとデメリット

ここでは、考えられるバーチャルオフィスのメリットとデメリットについて、体験談を中心に紹介します。

※あくまでも私自身の体験談を元に書いております。参考程度にしてみて下さい。

バーチャルオフィスのメリットとデメリット

メリット

住所を東京都内にすることも可能
電話番号も持つことができる
プライバシーが守られる(安全性が高い)
法人登記も可能な場合が多い
事務所家賃と考えると非常に安い
活用の幅が広い
テレワークにも合う

デメリット

信用度の問題
バーチャルオフィス住所は禁止のショップもある
撤退する場合がある
住所貸しのみで法人登記出来ないサービスもある(※対応策あり)
許認可の取得が出来ない可能性が高い(古物商など)
住所が同じ業者が出てくる(サービスは複数の人が利用するため)
電話対応が悪い場合がある(※あくまでも個人的な感想)

このようなことがあります。(主に私自身の体験談として上記が出てきました。)

メリットとしては、住所を都内にしたりすることが可能になったり、コスト面(事務所家賃と考えると非常に安い)や法人登記も可能な場合が多いという点が大きいです。

これは、プライバシーが守られる(安全性が高い)にも繋がります。

特に、小規模事業、SOHO、フリーランス(例えば自宅で起業)の方でも住所を自宅にしなくても良いという利点があります。

電話番号も持つことが可能かつ郵便物の受け取りも仕組み(転送)としてあるので、起業に必要なものは最低限は揃います。

普通に事務所を借り、その他色々準備するにはそれなりに費用がかかるので、そのコストを大幅に減らすことが出来る点は大きなメリットです。

また、後で書きますが、許認可の取得がほとんど出来ないというデメリットはあるのですが、許認可を自宅にて取得(事業所はあくまでも自宅という意味)し、ホームページではバーチャルオフィスの住所を記載するなど、活用の幅も広いです。(本店事業所は市町村まで記載などで対応するなど)

なお、テレワークとの相性が良いという点もメリットだと言えるでしょう。

続いて、デメリットについてみていきます。

まず、信用度の問題があります。

バーチャルオフィスを利用していると言うだけで、なぜか信用度が低くなる傾向があるのは確かです。

都内の一等地に住所を持つ(記載出来る)のは魅力的ではありますし、各バーチャルオフィス会社もその点をプッシュしておりますが、その住所がバーチャルオフィスかどうかは調べればある程度わかるものです。

小規模事業、SOHO、フリーランスの方であれば、バーチャルオフィスだからと言ってそこまでネガティブな印象にはなりませんが、それなりの会社ということにしているケースだと、信用度が低くなる可能性は否定できません。

また、その信用度の問題は、「住所が同じ人が出てくる(サービスは複数の人が利用するため)」というのと合わせて、デメリットは膨らみます。

バーチャルオフィスの仕組み上、どうしても住所が同じという人が出てきてしまう場合が多いです。

先程、住所がバーチャルオフィスかどうかは調べればある程度わかると書きましたが、それを合わせて、バーチャルオフィス業者側から住所の記載を画像にしてほしいと言われることがあります。画像にすれば検索にひっかからないからだと思われます。

確かに、そうすれば上記デメリットの一部は解決する可能性はあるのですが、別の意味で信用度を落としかねません。

やはり、なぜ住所部分だけ画像なの?と思う人も中にはいるからです。

これらの点が複合的にからみあう点が私の考えるバーチャルオフィスのデメリットです。

次に、「撤退する場合がある」というデメリットも意外とあります。

私が以前利用していたバーチャルオフィスは、突然サービスが終了し結構困ったことがあります。

また、あのバーチャルオフィスってまだあるのかな?と検索をしたりブックマークから見に行くと、既になくなっていることも極稀にあります。

もちろん、非常に長くサービスが続いている会社も多いのでそれらを選べば問題はありませんが、体験談としてデメリットに入れました。

続いて、「住所貸しのみで法人登記出来ないサービスもある」「許認可の取得が出来ない可能性が高い(古物商など)」という点があります。

私が一番最初に利用したバーチャルオフィスは住所貸しのみで法人登記は出来ませんでした。また、個人事業主の方の税務署開業届けさえ出来ない場合もあるようです。

ただ、その分なのか月の料金が非常に安いというメリットはありました。

なお、上記で書きましたが、開業届や許認可を自宅にて取得(事業所はあくまでも自宅という意味)し、ホームページではバーチャルオフィスの住所を記載する(本店事業所は市町村まで記載などで対応するなど)というやり方で対応自体は可能ではあります。

あとは、許認可の取得が出来ない可能性が高いというのもデメリットです。私は古物商を取得する際、バーチャルオフィスでは出来ないと言われました。

もちろん、自宅では普通に取得出来ましたのでこの点はバーチャルオフィスのデメリットかなと思っております。

小まとめ

バーチャルオフィスはメリットが多いとされていることが多いですが、個人的にはデメリットも状況次第ではそこそこある場合もあるのかなとは思っています。

ただ、私自身、実際に利用しておりましたが(現在はしていない)、上手に使えば大きなメリットはある(特にコスト面や安全性)ので、使い方次第だと思います。人によっては非常に使い勝手が良いサービスではあります。

スポンサーリンク