坊主(セルフカット)のメリットとデメリット

セルフ坊主のイメージ写真

ここでは、セルフカット坊主についてのメリットとデメリットを以下に簡単に紹介します。

実際、私(このページの執筆者)は自粛生活中(新型コロナウイルスの影響)、自分でバリカンにて坊主にしてみました。

※以下はその体験談を中心にまとめております。そのため、人によっては違いがあるかと思いますので、あくまでも一つの意見として参考にしてみて下さい。また、ここでは主にセルフカットにおいてのメリットデメリットについて書いておりますが、美容室や床屋でカットしてもらった坊主とも一部重なります。

セルフで坊主のメリットとデメリット

メリット

バリカン代だけで良い(節約になる)
お風呂が楽になる(シャンプー)
時間節約・有効に使える
慣れてきたらサイドや襟足を短くすることにより少しおしゃれ感も出せる
失敗してもカラーをすればある程度ごまかせる
普通のセルフカット(がっつり切るレベルの)よりは失敗しにくい
薄毛部分が目立ちにくいかもしれない
清潔感の持続時間が長い(気がする)

デメリット

失敗する可能性はある(特に虎刈り)
長い状態からのカットだと最初は大変
当然ですがすぐ伸びるので維持するには定期的なケア(セルフカット)が必要
ハゲと呼ばれることがやや増加する
後悔することがありえる(一瞬でも)
バリカンの性能による部分もある

このようなことが挙げられます。※追記予定です。

※いくつかのメリットとデメリットは、セルフではなく美容室や床屋でカットした場合の坊主と同じです。そのため、坊主全体の長所と短所とも言えますが、セルフの場合のみのケースもありますので一つの参考にしてみて下さい。

まず、「バリカン代だけで良い」という点が大きなメリットです。(バリカン以外でも散髪ケープなどが必要な人もいるかもしれません)

セルフカットするアイテムがない場合(ここではバリカン)は最初に多少のお金はかかりますが、基本的に一度購入すればすぐに壊れない限り年単位で使えます。

長い目で見たとき節約になりますし、単純な坊主ですので総合的に見てコスパも良いです。(坊主だとシャンプーの量も少なくすむ)

次に、短髪~坊主全般に言えることですが、「お風呂が楽になる(シャンプー)」というメリットがあります。

特に坊主であればシャンプーして数秒ですでに乾いております。ドライヤーで乾かすこともほぼないです。(伸びはじめたら少しは乾かす)

そのため、お風呂が楽になるというわけです。

それは次の「時間節約・有効に使える」にも繋がります。

単純にお風呂の時間&髪の毛を乾かすのが短くなるのに加え、日々の髪の毛のセットの時間もかかりません。

また、セルフを続けるのであれば美容室や床屋に行く必要もないので、その「時間」も節約することが出来ます。

髪の毛全般にかかっていた時間を他のことに使うことが出来るということになりますので、この点は個人的には大きな利点です。

続いて、「慣れてきたらサイドや襟足を短くすることにより少しおしゃれ感も出せる」「失敗してもカラーをすればある程度ごまかせる」というものがあります。

こちらについては厳密には坊主のメリットと言えるかわかりませんが、セルフ坊主を大きな視点で見たときにデメリットになりえることを解消出来るので、ここではメリットに入れました。

まず、何度か自分で坊主にしていると技術的に上手になってきます。慣れてくるとサイドや後ろを短くして少しオシャレ感を出すこともセルフでも可能だったりします。

このことは普通のセルフカットよりセルフ坊主の方がそうなりやすいと個人的には思いました。やはりシンプルにバリカンを使うだけだからかもしれません。

そして、仮に失敗したとしても自分で市販のカラーで金髪にしたりすることや金髪にしてからのカラーを入れたりするとある程度ごまかせたり、オシャレ感を無理やりだすことも可能ではあります。

これも坊主ならではの部分が大きいかなと思いました。

私も最初に自分で坊主にしたときはすっきりしたと同時にかなりダサい(失敗もあったため)と感じてしまったのですが、その後金髪にしてアッシュ系カラーを入れたらある程度何とかなりました。

これも美容院に行かなくても自分で可能(坊主だとカラーも楽に感じた)なので、そういう意味でも楽でした。

次に、「薄毛部分が目立ちにくいかもしれない」についてですが、薄毛のレベル(範囲や広さ)などによるとはいえ、基本的に坊主にすれば薄毛は目立ちにくい気はします。

年齢を重ねて毛が細くなってくると髪の毛がかかる部分に隙間が出来たりする場合があるのですが、坊主であれば隙間的な部分はなくなります。

もちろん、状況によっては逆に目立ちやすくなる場合もあるのでその場合はスキンヘッドにした方が良い可能性もありますが、薄毛の範囲が狭かったり、少しハゲつつあるというレベルであればシンプルな坊主で目立ちにくくなりそうです。(※この点はあくまでも私の感想を多く含みます)

あとは、「清潔感の持続時間が長い(気がする)」というメリットもあります。(これも個人的なメリットですが)

洗ってから1日経過すればある程度べたつき感が出てくるものですが、坊主だとそれがやや少ないです。(あくまでも私の場合はですが)

私の場合、普通の髪型のときは夜シャンプーして次の日の夜になればだんだんと髪の毛がベタベタしはじめますし、さらに何らかの理由でお風呂に入れない日があればかなりベタベタしてくるものですが、坊主の場合はそうなるまでの時間が長い気がします。

もちろん、坊主だろうと頭皮やその他(体全体含め)は汚れてくるので、全くお風呂に入らなければ通常と同じになるはずですが、次の日の夜程度であれば普通の髪型と比較すると清潔感が維持されている感じが個人的にはあります。

毛が短すぎるので汚れる範囲も少ないからだと思われますが、ベタベタ(油っぽさ)が気になりにくい(気になってくるまでの期間が長く感じる)のは良い点です。

続いて、ここからはデメリットについて私の感想を中心に簡単に解説します。

まず、「失敗する可能性はある(特に虎刈り)」という点が個人的には大きなデメリットではあります。

坊主失敗のイメージ

※写真はイメージです。

やはり私は美容師ではありませんし素人ですので基本的にはセルフカットは下手です。実際、最初に坊主にしたときはかなり虎刈りになりました。

ただ、プロ(美容師さんなど)みたいにはできなくても、慣れてくればある程度きれいに刈ることは出来るのかなとは思っております。(シンプルな坊主であれば)

次に、「長い状態からのカットだと最初は大変」ですが、やはりある程度の長さがある状態からの坊主は結構大変です。(短髪から坊主と比較すれば)

かなり多くの髪の毛を切ることになりますし、場所にもよりますが掃除等が大変というのも大きいからです。

ただ、カット後の掃除に関しては工夫次第で多少軽減させることは可能です。

お風呂場に新聞紙や大きめのゴミ袋を切ったりしてを敷き詰めたりしても良いかもしれませんし、散髪ケープのような商品を利用しても良いでしょう。

あとは、当然ではありますが「すぐ伸びるので維持するには定期的なケア(セルフカット)が必要」という点も当たり前ではありますがデメリットになります。

一度坊主にしてそこからロン毛まで伸ばす予定であれば問題ないのですが、坊主を維持したい場合は比較的マメにケアする必要があるからです。

セルフなのでこの点は多少手間がかかるため、デメリットと言えばデメリットです。

※もちろん、その場合長い状態から坊主にするわけではないので最初よりは楽です。

続いて、「ハゲと呼ばれることがやや増加する」ということがあります。

メリットの項目で書きましたが、薄毛部分が目立ちにくいかもしれないというメリットはるものの、ハゲと呼ばれることも増加します。

「薄毛が目立たなくなるのにハゲと呼ばれる」…。

これは非常に矛盾しているのですが、シルエット的なこともあり、シンプルに「ハゲ」と呼んでくる人が一定数いるものです。

また、全く禿げていないにもかかわらずハゲと呼ばれてしまうケースもありえるのでデメリットに一応入れました。(※あくまでも個人的な意見です。)

次に、「後悔することがありえる(一瞬でも)」についてですが、私自身最初の数時間は坊主にしたことを後悔しました。

虎刈りになったというのもあるのですが、今まで坊主にほぼしたことがなかったので見た目の変化に気持ちが追いつかなかったのです。

ただ、すぐ慣れたので問題ありませんでした。また、新型コロナウイルスの影響で自粛中だったので人に合わなかったのも大きいです。

しかし、自分の坊主姿が慣れずに後悔し続ける場合もありますのでこの点はデメリットだと思われます。

もちろん、普通のカットでも失敗すれば後悔するものですが、「坊主」となるとインパクトが結構あるし、伸ばすしか完全な解決方法がない(カラーなどもありますが)ためです。

ただ、逆に言えばすぐ伸びるのでちょっと我慢すれば良いということでもあるのかなと思います。

※なお、失敗してもメリットで挙げたようにカラーをしたりしてもある程度ごまかせますし、伸びるまで帽子をかぶって外出すれば何とかなります。(新型コロナウイルスで自粛中であればほぼ外出もしないので伸びるまで帽子で対応できそう)しかし、やはり目上の人にたまたま出会った際には帽子を取って挨拶をすることになる場合もあるので、その場合、失敗した坊主頭を見せることになる点はデメリットの一つかもしれません。

次に意外と重要なのが「バリカンの性能による部分もある」という点があります。

比較的性能が良いバリカンを選んだ方が、完成度や刈る快適さなど含め個人的には良かった気はします。

私は、最初は非常に安いバリカンを使用しておりましたが、ある程度高性能のものに変えました。(段階的に何個か購入した)

そのため、状況によっては何度かバリカンを買うことになるかもしれないという点もちょっとしたデメリットだと思いました。

※ただ、これはあくまでも私のケースです。また、下調べをして最初から普通のバリカンを購入していればこのデメリットは解決します。

スポンサーリンク