ハンドソープではなく普通の石鹸(固形石けん)を使うメリットとデメリット

ここでは、ハンドソープ、液体せっけんではなく、「固形石けん」を使うメリットとデメリットを体験談を元に簡単に紹介します。

私は、基本的にはハンドソープを利用していることが多いですが、普通の石鹸を使うこともあります。

それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、たまに固形石けんを使うと意外と良いと感じることがあります。

また、最近はハンドソープが品切れになっていることも多いです。(新型コロナウイルスの影響でしょう)そういう意味でも固形石けんを利用する状況も以前より比較的増えているので、今一度メリットとデメリットを考えてみました。

普通の石鹸(固形石けん)を使うメリットとデメリット

メリット

安い
ある程度どこにでも売っている
体にも使えて一石二鳥(顔や髪の毛も同様)
懐かしい(人による)

デメリット

小さくなると非常に使いにくくなる
衛生面においてより注意が必要
供用には注意が必要(ウイルス対策として考えた時)
一度でも使っていると持ち運びが不便

このようなことが考えられます。(体験談含む)

まず、個人的に考える最大のメリットは「安い」という点です。コスパが良いです。

10個入で1,000円以下とか普通にあります。その場合、つまり、1個100円以下です。

液体石鹸と同様に様々な商品があり、医薬部外品や無添加など自分に合ったものを探しやすいです。

また、固形石けんはほぼどこにでも売っているというのもメリットです。

もちろん、ハンドソープもどこにでも売っているのですが、最近の新型コロナウイルスの影響下では品切れになっていることも多いです。

しかし、固形石けんは比較的影響を受けていないようでどこでも買えたりします。(※2020年4月時点&私の住む地域では)

次に、「体にも使えて一石二鳥(顔や髪の毛も同様)」というのもメリットでしょう。一つ持っていれば体にも洗顔にも使えます。

私は髪の毛さえ洗う時もあります。そういう意味でもコスパが良いです。

続いて、「懐かしい(人による)」というのも良い点かなと思い挙げました。

これは人によるかと思いますが、私は固形石けんをひさびさに使うと懐かしさを覚えます。

今はどうなのかわかりませんが、私が小学生のときは学校で固形石けんを使っていたからだと思われます。

石鹸ネットに入っていてそれで手を洗ったものです。そういう点で当時を思い出し妙に懐かしくなるのであえて挙げました。もちろん、この点は人によって感じ方は違うと思います。あとは昔ながらの銭湯でもよく固形石鹸を使っていた記憶があります。

続いてデメリットについてです。

まず、個人的な感想として「小さくなると非常に使いにくくなる」というのが大きなデメリットです。

固形石けんは使っていくと当然ですが小さくなっていきます。そして、かなり小さくなってくると非常に使いにくくなります。泡立ちにくいですし使い勝手が悪くなるのです。

次に、「衛生面においてより注意が必要」という点も、ハンドソープと比較してですが手間がかかるという意味ではデメリットです。

使った石鹸をそのままにしておくと、衛生的な問題や成分が少し溶けるなどの問題はあると個人的には思います。使えば水分が付着しているためです。

そのため、使用後は水をしっかりとっておくなどする必要があると思われます。(丁寧に行うとやはり手間がかかります。)

対策としては、よく水をきってケース(石けん箱)に入れておくと良いでしょう。また、ケース自体も清潔に保つようにしましょう。

私は以下のようなものを使っております。ケースに関してはしっかり入れば何でも良いのかなと個人的には思います。繰り返しになりますが、ケース自体もこまめに掃除や消毒などをし、清潔にしておいた方が良いです。

石けんとケースの写真

あとは、例えば次に挙げている「併用には注意」ということも状況によっては考えなければなりません。

ウイルス対策として考えた場合、併用はしない方が良いかと思われます。石鹸としての効果は同じとしても直接触ってこすることで泡立てるものですのでなるべく併用はしない方が良いと思うからです。

一人暮らしであれば問題ありませんが、家族間であってもマイ石けん的な自分専用の石けんを用意し、清潔なケース(石けん箱)に入れておくとより良いです。それぞれ自分の石けんを使うことで併用を防ぐことが出来ます。(特にウイルス対策として考えた場合)

ただ、多少の手間(用意&管理など)がかかるので、それを省きたいのであればやはりハンドソープの方が使い勝手が良いでしょう。

続いて、「一度でも使っていると持ち運びが不便」という部分ですが、こちらも上記説明と同様で手間がかかるからです。

新品の状態であれば持ち運びはとても楽というメリットはありますが、一度でも使うと一気に持ち運びが面倒になります。

小まとめ

固形石けんにはメリットとデメリットがありますが、液体せっけんと使い分けることでそのデメリットは軽減出来ます。

個人的には通常の状態(新型コロナウイルス終息後など)であれば固形石けんの使用は非常におすすめしたいです。

今までハンドソープだけ使用している方でも固形石けんを使ってみると、その良さを新鮮さや懐かしさ含め改めて体感できる人も多いかと思います。

上記で挙げているデメリット面(衛生関連)に注意すれば、やはりコスパと使い勝手の良さは大きなメリットです。

スポンサーリンク