「チラシ、勧誘印刷物、無断投函お断り」ステッカーのメリットとデメリット

ポスティングなどにより不要なチラシが日々どんどん入ることで、無駄にゴミが増えて困っている方もいるかと思います。

必要なチラシであれば、お得になったりお店を知ることが出来たりするのでまだ良いかもしれませんが、多くの場合不要だったりします。(個人的な感想ですが)

結局ポストにたまったら自分で捨てないとならないので意外と困るものです。状況によっては見栄えも悪くなります。(チラシ類がポストからはみ出たりする)

そこで、そのような悩みの対策として、「チラシ、勧誘印刷物、無断投函お断り」のステッカーがあります。

ここでは、実際にステッカーを使った体験談に基づき、以下にメリットとデメリットを紹介します。

無断投函お断りステッカー利用のメリットとデメリット

メリット

不思議なものでチラシはほぼ入らなくなる
ステッカー自体は安いので手軽に対策可能
ゴミ捨てはもちろんチラシを見る必要もなく時間も節約出来る
必要な物が見つけやすい
清潔感が出る(チラシ類がポストからはみ出なくなる)

デメリット

安いとはいえお金がかかる(こちらは悪くないのに)
貼る手間は多少かかる
賃貸の場合、貼って良いか聞いた方が良い
ごく稀に貼っていても入れられる(貼っているのにという心理的なことなのかかなり気になる)

上記のような点があげられます。

まず、メリットから見ていきます。

最も大きなメリットとしては、チラシがほぼ入らなくなるという点です。

これは不思議なもので、ポスティングで勝手に入れられていたようなチラシは本当にほぼ入らなくなるのです。※ごく稀には入りますし、あくまでも体験談に基づく話ではあります。

恐らく、「ここまでしている人であれば、チラシを入れたらクレームが入るかもしれないので止めておこう」的な感じの心理状態になるのだと思われます。また、単純に「ここまでするほど嫌がっている。人が嫌がることはしない方が良い」と思うのかもしれません。

何れにせよ、ほぼ入らなくなります。シンプルにこの点が最も大きなメリットです。

続いて、「ステッカー自体は安いので手軽に対策可能」についてですが、ステッカーは比較的安いものが多いです。

商品にもよりますが多くの場合、1,000円以下で購入可能かと思います。

私はAmazonで600円程で購入しました。そのため、思い立ったらすぐに対策が可能な点(安いので手軽である)もメリットです。

あとは、この不要なチラシによる無駄な時間がなくなるというのもメリットです。

どういうことかと言うと、不要なチラシというのは結局は自分で捨てることになりますので、ゴミ捨てやそれに伴ってチラシを分別したり少し見たりしないとなりません。

これ自体は数分で終わりますが、積み重なるとかなり無駄な時間になります。

それがほとんどなくなります。

また、無駄なチラシが次から次へと入るのを防いでくれるので、ポスト内にある本当に必要な配達物が見つけやすくなりますし、チラシ類がポストからはみ出なくなるということもあるので、見た目も綺麗になる点もメリットだと言えます。

続いて、デメリットについて見ていきます。

まず、いくら安いとはいえ、お金がかかります。

しかも勝手にどんどん入れられるゴミ対策のためによる費用です。基本的にはこちらは悪くないのに多少とはいえ対策にお金がかかるというのはデメリットです。

また、それは貼る手間がかかるという点も同じです。

もちろん、一度貼ってしまえば良いのですが、少なくとも一回は貼るという手間がかかります。(もちろん、購入する手間もかかる)

あとは、持ち家の方は問題ありませんが、賃貸の方の場合は念の為ステッカーを貼っても良いのか管理会社やオーナーに聞いた方が良いです。

比較的簡単にはがせるものではありますが、勝手に貼ると後々トラブルになりかねないからです。

このような手間がかかったり少しでも面倒なことに繋がりかねない点もデメリットだと考えます。

なお、ごく稀ではありますがステッカーを貼っていてもポスティングでチラシを入れられることはどうしてもあります。

世の中には、このようなものが貼ってあっても手持ちのチラシを減らしたいだけのために入れてしまう人も少数ながらおりますし、そもそも急いでいて見ていない場合もありえます。

その場合、こちら側の心理として、「貼ってあるのに入れられた!」というような気持ちが以前に増して出てきてしまい、通常時(貼っていないとき)よりイラッとすることがあります。(※あくまでも私はです)

この無駄にイラッとしたり気になる可能性に繋がるという点も、個人的にはデメリットだと感じております。

ただ、それでもデメリットよりメリットの方が圧倒的に多いので、不要なチラシが日々どんどん入って困っている方にはステッカーでの対策をおすすめします。

スポンサーリンク