エアーストレートのメリットとデメリット(体験談中心)

エアーストレートのメリットとデメリットを、体験談(このページの執筆者の)中心に紹介します。

※このページは、あくまでも体験談に基づいており、人によっては下記とは感じ方が違う場合があります。一つの参考程度にしてみて下さい。

エアーストレートというのは、簡単に言うとアイロンを使わない縮毛矯正※のようなもので、「髪へのダメージが気になるがストレートにしたい、なるべく自然な仕上がりを目指したい」という方におすすめな施術です。

※さらには弱酸性の薬剤しか使わないのでノンアイロン弱酸性縮毛矯正という感じです。

メリット

髪の毛の傷みがあまり気にならない
縮毛矯正をしているとは思われない(自然)
仕上がりがとても自然(当日も)
短時間で終わる(縮毛矯正と比較して)
男性にもおすすめな点

デメリット

くせ毛が強い部分は完全にストレートにならない場合あり
縮毛矯正と比較すると長持ちはしない(もちはやや良くない)
アイロンを使用しないとは言え、価格が安いわけでもない
メニューにある店舗が現時点で少ない(縮毛矯正と比較して)
高品質な縮毛矯正の方が良かったりすることもある

体験談(男性)

私は比較的短めのヘアスタイルではあるのですが、イメチェン的に少し伸ばすときは定期的に縮毛矯正をしておりました。伸ばすとくせ毛が目立ってしまうからです。

ただ、縮毛矯正をして毎回感じていたのが仕上がりの不自然さと髪の毛の傷み(ダメージ)です。

縮毛矯正をした直後はもちろん、その後、1、2週間はペタンコというかヘルメットみたいというかかなり不自然と感じることが多いというのと、状況(繰り返しかけたりしていると)によっては傷みが酷すぎてツイストパーマみたいな感じになるときもありました。

もちろん、普通はストレートにはなりますし、たまにやるには綺麗にはなるのですが、やはり施術後の違和感はかなりあったのです。

ところが、その私が感じる縮毛矯正のデメリットは、エアーストレートをやるようになってほぼ全て改善されました。

まずこの点が大きなメリットだと思います。

仕上がりはとても自然で、終わった直後の感想としては「つるっつる(※ハゲ的な意味ではありません)」という感じでダメージもほとんど気になりません。むしろ見た目や手触りは良くなっていると感じるほど。(厳密には傷んでいるかもしれませんが表面上はという意味です)

あとは、縮毛矯正の場合は周囲の知人などから「縮毛やった?」と聞かれることが結構多いですが、エアーストレートはかなり自然に仕上がるのでストレートにしているということは気づかれにくいと思いました。

続いて、その他の良かった点ですが、縮毛矯正と比較すると施術時間が短時間です。正確な時間は測っていないのでわかりませんが、アイロンを使用しないというのもあるのか、縮毛矯正に慣れている状態でエアーストレートをすると、体感的にはとてもはやく終わる気がします。

縮毛矯正は時間がかかるというイメージで下手したら半日つぶれる感じもするのですが、エアーストレートでは短時間に終わるのでそういう意味で比較的手軽に行けるというのも個人的なメリットです。

次にデメリットについてですが、上記であげましたように、くせ毛が強い部分(とくにやっかいにくねっていたりすると)は完全にストレートにならない場合があると感じるという点です。

あくまでも私の感想&縮毛矯正と比較した場合ですが、癖がとても強い場所はそこまで綺麗にまっすぐにはなりませんでした。※もちろん何もしないよりは明らかにストレート気味にはなりますし自然にはなりますが。

さらに言うと、そのようなこともあるのか、「もち」も縮毛矯正と比較するとやや良くないと個人的には思いました。

美容室の方の話では、エアーストレートでも伸ばしたところは伸びたままということのようですが、クセが強い部分の伸びが悪かったこともあるのか、「持ち」はそれほど良くないような気がしました。※もちろん、この部分は店舗や美容師さんの腕次第という面もありえるかとは思います。

特に部分的(例えば前髪のみなど)にあてるとそう感じました。私は前髪のクセが強いので前髪だけストレートにするということもあるのですが、エアーストレートを前髪にピンポイントでやってもそこまでもちは良くなかったので、そういうやり方であれば縮毛矯正の方が向いているのかなとその時思った次第です。

また、それら(クセが強かったり長持ちを期待する場合)を加味すると、最近は極めて質の高い縮毛矯正もあるので、人によってはそちらの方が良いという方もいると思います。

ただ、トータルで見たとき、個人的にはエアーストレートの方が満足度は高いとは思うので、人によって(その人がどういう仕上がりにしたいのか)にはなりますが、縮毛矯正のデメリットに悩んでいる場合は一度は試しても良いものだとは思います。

それほど、「自然に仕上がる&ダメージが少ない」からです。

また、縮毛矯正のメリットとデメリットとの比較をし、その時点の自分に合ったほうをその都度選択するのも良いかと思います。

小まとめ

エアストレートの最大のメリットとしては「自然な仕上がり」だと個人的には思います。

そのことは髪の毛の傷みがあまり気にならないという点にも繋がりますが、アイロンを使わないのが大きいのだと思われます。

ダメージが少ない上にくせ毛がストレートにはなるので、上記が気になる方(とくに通常の縮毛矯正において)には非常におすすめです。

ちなみに、上記体験談(男性)では書いておりませんが、女性の知人の話によると、ブリーチヘアでもやり方次第でエアストレートは可能とのことです。(店舗によるかもしれないので詳細は各店舗にてご確認下さい)

普通は、ブリーチしていると縮毛矯正は断られますし、仮に縮毛矯正を強引にしたとしたら傷みすぎて大変なことになると思います。

そのため、縮毛矯正をしている場合はブリーチ系が出来ないというデメリットがあるのですが、そのデメリットをある程度かもしれませんが解消してくれる可能性があります。

こうなるとエアストレートは良いことだらけとも言えそうですが、「ストレートにする!」という意味では多少の弱点もあります。

体験談としてではあるのですが、デメリットとして、くせ毛が強い部分は完全にストレートにならない場合が縮毛矯正と比較するとあるということが最も気になります。(アイロンを使わないためだと思われます)

このことも「縮毛矯正と比較すると長持ちはしない」という点に繋がるのですが、多少不自然でも良いから完全にストレートにしたい!という場合にはやや不向きだと言えそうです。

ただ、これはあくまでも縮毛矯正と比較した場合です。やはり名称の通り、ストレートにしていくメニューですのでくせ毛がある程度なおるのも確かです。

最初に書きましたようにエアストレートは利点もとても多いので、自分の好みやスタイルに合わせて決めると良いかと思います。

スポンサーリンク