バルサンなど殺虫剤の利用のメリットとデメリット

ここでは、バルサン利用(同様の殺虫剤含む)のメリットとデメリットを紹介します。

即効性を含め、ダニやゴキブリ対策としてとても有効ではありますが、利用に関してデメリットもあります。

あくまでも当サイト(このページの執筆者)が考える(体験談に基づいた上での)

メリット・デメリットではありますが一つの参考にしてみて下さい。

バルサンの利用・メリットとデメリット

メリット

手軽に虫駆除が出来る
即効性がある
用法・用量を守って利用すれば安全とのこと(公式サイト参照)
引っ越し前にバルサンを焚くと手間が少ない
ゴキブリが出たらとりあえず使うことで一定の安心感はある

デメリット

使用前の準備に手間がかかる
十分に換気をする必要がありそれらを含めると時間がかかる(製品やタイプによって3時間以上かかる場合有り)
使用方法を守らない場合、電化製品や人体、ペット、植物に害があるかもしれない
使用後もそれないに手間がかかる(掃除をする必要がある)
使用中は部屋から出る必要がある

体験談

バルサンは即効性があって緊急時(ゴキブリが発生)には助かります。また、ダニ駆除にも有効と感じ、使ったあとに掃除をすることで体感的にも良い効果を感じたことは多々あります。

しかし、やはりデメリットとして手間がかなりかかるという点があります。

使用前に準備、使用後は掃除をする必要があるからです。

例えば、食器や食品は煙がかからないようにする必要がありますし、電子機器も同様なので何かでカバーをしたりします。※他にもあります。

また、使用後は食器などは洗いますし、床や煙がかかったところも掃除機をかけたりする必要があるので多少の手間がかかるのです。

そのような手間をかけられない場合は、ダスキンなどのゴキブリ駆除サービスを利用するのも一つの手ではあります。

ただ、やはり手間はかかってもそれほどお金をかけずに害虫駆除が可能なので、害虫やダニに困っている方はバルサンを利用するメリットは個人的には結構あるとも思います。