おふろの防カビくん煙剤を使うメリットとデメリット

おふろの防カビくん煙剤の写真

ライオンの「おふろの防カビくん煙剤」を利用するメリットとデメリットを簡単に紹介します。

メリット

風呂掃除が圧倒的に楽になる
小物もそのまま除菌可能(風呂に置いたままで良い)※
ある程度の綺麗さなら数ヶ月キープすることも可能
塩素系のカビ取りの利用回数はほとんどなくなる
製品自体も使うのは2ヶ月に1回でOKなので楽
風呂全体にまんべんなく届く
黒カビが発生しにくくなるのは確か

※注意が必要なものもあり

デメリット

簡単ではあるが多少の手間がかかる
換気を含めると比較的時間はかかる
黒カビ自体を落とす効果はない(一度はカビ取り剤を使う必要はある)

危険じゃないの?

公式サイトでも確認できますが、使用中に部屋に煙がもれても「少量の煙が漏れることがありますが、問題ありません」と記載されており、基本は危険なものではありません。※ただし、浴室でのみ使う製品ではあるので他の場所では利用出来ません。

体験談

防カビくん煙剤を使い始める前までは、カビがポツポツと生えてきたらカビ取り剤を使ったり、年末の大掃除で徹底的に浴室を掃除したりしておりました。

梅雨時や夏場はその頻度(カビキラーなどカビ取り剤を使う)も増えていて、結構掃除はするもののすぐに浴室が汚いなと感じることが多かったです。

ところが、ライオンの「おふろの防カビくん煙剤」を利用するようになってその悩みがほぼなくなりました。

2ヶ月に1回の目安で使用していればほとんどカビは生えてきませんし、日々の掃除もカビ取り剤を使わずに普通の洗剤で軽く洗う程度になりました。その頻度すら減ります。

また、年末の大掃除でもいつもと変わらない浴室の掃除で、時間をかけて一気に汚れを落とすということはなくなりました。

このように、個人的に一番のメリットはやはり日々の掃除が楽になった点だと思います。

デメリットは特にないのですが、あえて言うのであれば、楽ではあるが手間と時間はその使う日だけは多少あるというところと、ゴミが出るので捨てるときに多少注意が必要という点くらいでしょうか。

水を入れてただ置くだけなので楽なのですが、換気を入れたりすると数時間かかります。もちろんその間こちらは待っているだけなのでとくに大変とかではありませんが時間が多少かかるという意味ではデメリットと言える場合もあるかもしれません。

また、使用後のゴミ(缶)を捨てるのは不燃物(自治体の区分による)になるかと思いますが、捨てる日が少ないので忘れるとたまっていくことがありました。

もちろん、こちらも注意すればとくに問題にはなりません。