おすすめクレジットカードのメリットとデメリットを比較

更新日: 2022年6月20日

おすすめクレジットカード(当サイト執筆者の個人的な見解)のメリットとデメリットを簡単に比較しています。

クレカと侍のイメージ

※クレジットカード比較侍.comの閉鎖により一部関連記事を当サイトに統合しております。

あくまでも、個人的かつシンプルな一覧ですが、一つの参考になさって下さい。

※細かく見ていけばよりメリットとデメリットは多く挙げることが出来ますが、ここでは可能な限りシンプルに紹介します。

ランキング形式ではなく一覧です。

当サイトおすすめのクレジットカードのメリットとデメリット

三井住友カード・・・メリットは信頼性・ステータス性の高さを含め総合的にバランスが取れている。デメリットはあまりありませんが年会費がかかるのに国内旅行傷害保険が付いていない点。

エポスカード・・・メリットは、年会費が永年無料で海外旅行傷害保険付帯で即日発行が可能、カードデザインがとても良い。ゴールドカードを永年無料にすることも可能。デメリットはポイントがマルイをよく使う方以外にはメリットは少ない。

・楽天カード・・・メリットは楽天市場を利用する人はもちろんのこと、あまり利用しない人も日常生活でお得になりやすい。多くの人が持っているため情報が多い。デメリットは個人的には特に気になりませんが人によっては支払いの際にカードを出す時、店によってはなんとなく若干出しにくいという点程度。

JCB一般カード・・・メリットは付帯保険が充実していることや信頼性の高さ。デメリットは国際ブランドがJCBということくらいです。

アメリカン・エキスプレス・カード・・・メリットは一般的なゴールドカード並の質の高さやステータス性。デメリットは年会費が高めである点。

リクルートカード・・・メリットは、ポイント高還元率な点。デメリットはポイント以外の特典が少なく還元率の引き下げがあった場合特徴がなくなる。

エネオスカード・・・メリットはエネオス(ENEOSサービスステーション)でお得な点とENEOSロードサービスが付帯な点。デメリットは年会費がかかるが付帯保険が微妙と感じてしまう点ですがロードサービスを考えると個人的には問題ないです。

イオンゴールドカード・・・メリットはゴールドカードなのに年会費が無料な点。(無料な上にサービスの質は高め・空港ラウンジやイオンラウンジ等)デメリットは付帯保険がやや見劣りする点。発行条件(直近年間カードショッピング100万円以上)がある。

・楽天プレミアムカード・・・メリットはプライオリティ・パス無料登録が出来る点。年会費を考えるとこの登録だけのために所有するのもあり。デメリットはゴールドカードとして考えると魅力が少ない点。

三井住友カード プラチナ・・・メリットはプラチナインビテーション不要で申し込み可能。ステータス・質が非常に高い。限度額が大きい。デメリットは年会費が高い。

※上記一覧は、状況によって(改悪等含め)変更・追記する場合があります。

ゴールドカードについてはゴールドカード比較(一覧表)・メリットとデメリットを把握しようのページでより詳しく解説しております。