個人売買(中古車)のメリットとデメリット

※中古車買取査定・情報サイト【ウルカーホ】の閉鎖により一部関連記事をこちらのサイトに統合しました。

ここでは、個人売買(中古車)のメリットとデメリットを以下に簡単に紹介します。

メリット

売却側は高く売ることが可能な場合がほとんど
購入側はより安く買える場合がほとんど
知人間などであれば消費税が不要

まず、個人売買のメリットとしては「高く売ることが可能&安く買うことが可能な場合が多い」という部分が大きいです。

やはり、間に業者が入らないので、いわゆる中間マージンがかからないからです。

ありきたりなことかもしれませんが、この点は大きなメリットと言えるでしょう。

また、知人間などであれば、当然ながら消費税もかかりません。その点もメリットの一つとして挙げました。

デメリット

故障含め様々なトラブルリスクがある
やや手間がかかる(その分安いとも言えるが)

デメリットとしては、「故障含め様々なトラブルリスク」「やや手間がかかる」を挙げました。

知人間であればトラブルがないような気もしますが、実は比較的多いのです。(※もちろん知人間以外でも多い)

どういうことかと言いますと、すぐに故障した場合の責任問題、税金の支払い関連などが具体的に考えられます。

通常は、購入した方が修理したり支払いをすることが多いとは思いますが、買ってからすぐに壊れた場合や、自動車税を払ってくれ的な話し(4月1日に所有している方が払っているため)が出てくる場合があるからです。

あくまでも率直かつ個人的な意見ですが、個人売買においてはデメリットの方が多いかなとは思います。

例え知人同士の取引であっても、どちらかに大きく不満が出る場合もあり、最悪な場合、友達関係が悪化する可能性も状況次第ではないとは言えません。

そのため、より高く売れる、またはより安く買える可能性が高いというメリットは魅力的ではありますが、やはり注意は必要だと思います。

複合的になりがちな面倒なトラブルを避けたい方は、業者を通した方が良いと言えるでしょう。

買取店に売る場合であれば、そのようなトラブルを個人売買よりは避けることが出来ます。また、その意味で以下(やや手間がかかる)にも繋がりますが時間短縮にもなります。

そして、「やや手間がかかる」についてですが、個人売買の場合は名義変更などの手続きを自分でやることになることが多いため、その点において手間がかかります。※もちろん、名義変更を誰かに依頼すれば解決しますが、そうなりますと費用がかかる(業者に依頼したりする場合)ので、せっかくの個人売買のメリットが薄れる可能性があります。

トラブル対策は?

未然にトラブルを防ぐおよび問題が発生した時の対策が大事です。

具体的に言うと、事前にこういった状況ではこうしましょうといったルールを決めてしまうことです。

なお、信頼関係が構築されている、非常に親しくなっているといった業者が身近にいればそのような業者に点検してもらうのも良いと思います。そのため、車屋(板金屋なども含め)と親しくなっておくと良いかと思います。

体験談

何年も前の話ですが、私自身、知人間(友人)で車の個人売買をしたことがあります。

知人というか幼馴染でしたのでほとんどタダ同然で中古車を買いました。(1万円とか遊び代を奢るとかそういったレベル)

幼馴染とはいえ、事前にかなり細かくその車のネガティブな状態を聞いており、納得して買った次第です。

譲り受けてから1年程度である意味修理不能レベル(修理費が莫大にかかる)まで壊れましたが、最初から状態を聞いていたので想定内でした。

つまり、最初からそのつもりで購入しておりました。短期間で乗り潰すつもりでしたのでそういう意味でも問題なかったのです。

ただ、「知人の定義」は置いといて、ちょっとした知り合い程度の場合はもちろん、ほぼ他人同士の取引の場合は注意が必要かなと思いました。

私の場合、気心の知れた友人で基本的にすぐに壊れるだろうということを聞いていたし、タダ同然でしたので仮に1年以内に故障しても問題ありませんでしたが、やはり普通の知人であればそういう深い話し(車のネガティブな状態面)が出来たかもわかりませんし、タダ同然ではなく数十万円~100万円以上で購入し、話しがちょっと違っていたり、想定よりはやくすぐに壊れたりしたら、人によってはトラブルの元になりかねません。

個人の感想としては、気心の知れた友人以外であれば、より慎重になるかと思いますし、あまり個人売買は積極的にはしないかなと思います。

もちろん、気心の知れた友人だとしても、やはりお金が絡んできたり、どちらかが損をしたりすることも可能性としてはあるため、状況次第では友達関係が悪化する危険性もありえるとも思います。

そのため、車の個人売買はメリットはありますが、デメリットも把握し、納得した上で行う方が良いと思います。