「車を売る」買取と下取りの違いを知る(メリット・デメリット含め)

※中古車買取査定・情報サイト【ウルカーホ】の閉鎖により一部関連記事をこちらのサイトに統合しました。

基礎的な知識かもしれませんが、買取と下取りとではその内容は全然違います。(車を売る&乗り換え検討時)

この違いをある程度知っておかないと状況によっては損をしますので、どちらかを利用する場合は、全体像・基本的な部分を予め把握しておくと良いです。

まず、買取と下取りは、「売る」(簡単に言えば)という大きな意味ではほぼ同じです。

ただ、その名の通り、買取とは、基本的には売るだけのことになります。

そして、下取りもその意味の通り、販売店が販売する時にお客側の所有している製品(この場合車)を買い取ることです。(購入代金に組み込まれることで割引になる)

つまり、次の車を購入するときに今乗っている車を売って新しい車を買うということになります。(売却→購入まである意味セットになっている)

基本的には高値が付きやすいのは買い取りです。

例えば、下取りの査定価格が10万円で買取の査定価格が13万円といった感じです。(あくまでも参考例)

また、様々な買い取り店を比較することが可能なので、その中から最も高いところに売ることが出来るというメリットもあります。

店舗に行かなくとも、インターネットで比較も可能ですので可能な限り一番高値で売りたい、こっちに売れば良かったとか後から損したくない!という意味ではとても便利な時代です。

買い取りの大きなメリットはこの2点ではないでしょうか。(高値になりやすい点&比較可能な点)

次に下取りの大きなメリットとしては、売却から購入までスムーズになる点、つまり手間が「買取から購入」よりもかからないというところです。

購入時に値引きされなくても、結果的に値引きみたいな感じになるという点も良いでしょう。

もちろん買い取りに出し、より多くの現金にし、そのお金で新しい車を購入すればよりお得だとも思いますが、手間がかからないという部分では下取りの方が有利です。

なお、余談ですが、個人的な感想というか体感レベルですが、下取り車はそのショップでその後見かけないことが多いです。

車ではなくてゲームソフトとかゲーム機を売りに行けばしばらくしてそのお店に行くと自分が売ったものが店頭に並んでいたりするのですが、中古車の特に下取り車はそういったことはあまり聞きません。恐らくオークションに出したりしてしまうのではないでしょうか。

下取り車の価格がわからないように配慮しているのだと思われます。(配慮もですが、知られたくないという心理もあるでしょう)

そういったことが書かれているブログか本を見たことがありますが、確かに私も体感レベルではそう思います。

続いて、デメリットについても簡単に紹介します。

まず、買い取りのデメリットですが、「タイミングによる面がある」という点です。

やはり、相場は変動するものなので売却する時期によっては低い査定が出てしまう可能性があります。

また、「売却から購入までの間にタイムラグが生じる点」です。

次に下取りのデメリットですが、やはり買い取りと比較すると下取り額は低くなる可能性が高いという点(場合によってはかなり低い)、またはお店にもよりますがショップの思うがままになる場合があるようで詳細がよくわからない感じになることがある(個人的な体験談ですが)という部分です。

簡単まとめ

・買い取りのメリット・・・高値になりやすい、色々と比較可能

・下取りのメリット・・・売却から購入までがスムーズ(手間がかからない&次の車を購入するまでのタイムラグがない)

・買い取りのデメリット・・・売却時期に左右される(状況によってはある意味損をする場合もあり)、タイムラグがある

・下取りデメリット・・・低めの査定額になりがちに加え下取り査定額がどうなっているのかわからないケースがある(これは私の体験談を多く含みますが、一般的にも言われていることです)

状況に合わせて自分に合う方法を選択すると良いでしょう。

簡単にまとめますと、

次の車を購入するまでのタイムラグがあっても良いから最も高く売りたいという場合や売却したい車種が人気車であれば、タイミング含め検討し、買い取りを選択するのが良いですし、次の車がもう決まっていてそのお店(馴染みのお店等もありえますし)で購入するから全てそこに任せて手間をかけたくない!という場合は下取りが良いでしょう。