カルトラーレ(Cartolare)・フラットウォレットのメリットデメリット(使用レビュー含む)

カルトラーレ・フラットウォレットの写真

ここでは、カルトラーレ(Cartolare)・フラットウォレットのメリットとデメリットを、実際に使用した感想・レビューを元に以下に紹介します。

※あくまでも私自身が使用した感想とレビューです。人によってメリットとデメリットが違う場合が十分にありえますので、一つの参考程度にしてみて下さい。(用途によってはデメリットがメリットになる場合が結構ありえますしその逆もあるかと思われます)

フラットウォレットのメリットとデメリット

メリット

非常に薄くてコンパクト
お札の出し入れがしやすい
お札を折らなくて収納可能
シンプルかつ合理的
お札とカードを最小限持つ人には最強レベル
サブとしても使い勝手が良い
本革&汚れが目立ちにくい
安っぽさはあまりない(個人的な感想)

デメリット

基本的に小銭は入らない
カードの収納は最小限(5枚程度)
経年変化はあまり楽しめない(人による)
キズや汚れは目立たないが一度付くと取れない場合あり
価格が高い(個人的な感想)

このようなことが挙げられます。

※繰り返しになりますが、上記はあくまでも私が実際に使ってみて感じた使用感が元になっております。人によって感じ方は全く異なる可能性があります。

まず、購入してすぐに感じたのが「非常に薄くてコンパクト」ということでした。

ホームページ等で写真では見ていたのですが、実際に手にとってそのコンパクトさと薄さを実感しました。

フラットウォレットを持った写真

私は小さめの財布は比較的好きでいくつか持っていたり、お店で見てきましたが、その中でもかなり薄い部類に入るかと思います。

※コンパクトさではベルロイ カードポケットの方がより小さいですが、薄さではフラットウォレットが私が持っている中ではたぶん最強です。

参考:Bellroy Card Pocket(ベルロイ カードポケット) ウォレットのメリットとデメリット(使用レビュー含む)

何も入れない状態であれば厚さは7mm(かぶせる部分を除いて)ということです。カード5~6枚入れ、お札数枚であれば厚み11~12mm程度です。

また、お札の出し入れが非常にしやすいのもメリットです。この点はエムピウ(m+)ミッレフォッリエ2とも似ておりますが、お札のアクセス面(数えやすさも含め)においては非常に気に気に入りました。

お札を入れた状態

ちなみに、カードの出し入れも良好です。

重ねて入れる必要はありますが、カードを出すときそのまま少し開けて取り出すことが出来るため非常にスピーディーなのです。

フラットウォレットにカードを入れるイメージ

続いて、「お札を折らなくて収納可能」という点も魅力の一つです。

小さいの財布はお札を折ることになることも多いのですが、その点、このフラットウォレットは多少の折り目というか型ははつくとは言え、二つ折りや三つ折りに完全に折って収納する必要はないないので、その部分はメリットと言えます。

そして、これらは次の「シンプルかつ合理的」というメリットに繋がります。

コンパクトなサイズで、お札とカードが最低限入る上に薄さも追求されていて、さらにそれぞれの出し入れがしやすい構造になっているからです。

このようなことから、「お札とカードを最小限持つ人には最強レベル(ほぼキャッシュレス化の人にも)」と言えなくもないと個人的には感じました。

続いて、「サブとしても使い勝手が良い」についてですが、上記の点(小さくて薄い)からサブとしても使いやすいです。

最小限のカードとお札だけなら本当に薄い状態なので、メインの財布と一緒に持ってもそれほど負担になりませんし、ちょっと近所のコンビニに歩いて行く程度に使ったりすることも全然可能です。

次に、「本革&汚れが目立ちにくい」についてですが、公式サイトにも書いてあったのですが、基本的に国産天然牛革(高品質)使用とのことです。また、汚れが目立ちにくい加工がされているようです。

確かに、実際に使用してみて汚れは目立たないです。※デメリットで書きますが、キズは状況によっては目立つ場合があります。

そのようなこともあるからか、個人的な感想にはなりますが「安っぽさはあまりない」と感じました。この点もメリットとして挙げました。

続いて、デメリットについて見ていきます。

まず、「基本的に小銭は入らない」という点があります。

入れようと思えば多少は入ります(カード収納部分に)が、本来の使い方ではなくなりますし、構造上やはりあまり入りません。カードが汚れてしまったり、そもそもカードが入らなくなるからです。そのため、小銭は入らない財布と思った方が良いです。

そのことから、小銭は小銭入れに入れたい!という方にとってはデメリットと言えるでしょう。

※もちろん、小銭を持たない方、小銭入れは邪魔と考えている方にとっては不要な部分が省かれているのでメリットになります。

次に、「カードの収納は最小限(5枚程度)」という点も多少のデメリットです。入れようと思えば7枚程度は入るとは思いますし、革が柔らかくなればもう少し入るかもしれませんが、使用感としては5~6枚が良かったです。

そうなると、お札や小銭はほとんど持たないがカードは多めに持ち歩くといった方にとってはやや少ないかもしれません。

※なお、私は気になりませんが、カードを重ねて入れるのが気になる方もいるかと思います。5、6枚であっても重なるので気になる方にとってはデメリットになると思います。

続いて、「経年変化はあまり楽しめない(人による)」についてですが、上で書きましたが、この財布は傷や汚れが目立ちにくい加工がされているためか経年変化はあまりありません。(個人的な感想)

革の変化を楽しみたい方にとっては物足りないと思われます。もちろん、キズが汚れが目立たない方が良いという方には良好だとも思います。

ただ、「キズや汚れは目立たないが一度付くと取れない場合あり」というデメリットも個人的には感じました。

購入して比較的すぐにキズができたのですが、一度でも下の写真のようなキズになると中々直りません。(特殊なケースではありますが)

フラットウォレットについた小傷

キーケースと一緒にポケットに入れた時に、キーケースから鍵がはみ出て強く当たったのだと思いますが、傷についてはつきにくい加工とは言え、付いてしまったら落ちにくいと個人的には思いました。

革製品だと傷も一つの味になりますが、この財布については、繰り返しになりますが傷や汚れが目立ちにくい加工がなされており、味が出てきたとは言いにくい感じになります。

そのため、カルトラーレ(Cartolare)・フラットウォレットは、基本的にある程度綺麗に使うのが一つの魅力だと思います。一度写真のような傷が付くと取れにくいし味にもなりにくいため少しテンションが下がるかもしれません。

※私はブラックを使用しているためより小キズが目立ったのかもしれません。

続いて、「価格が高い(個人的な感想)」についてですが、率直に言って価格は少し高いと私自身は感じました。11,990 円(税込)

※ただ、この点は人によって大きく違うかと思います。安いと感じる方にとってはメリットにもなります。

小まとめ

カルトラーレ(Cartolare)フラットウォレットは、薄くてコンパクトな財布をお探しの方には非常におすすめなお洒落なアイテムです。

シンプルかつ合理的な構造はもちろんのこと、見た目に安っぽさがあまりない点も良いです。

一般的なマネークリップとは少し違い、革で覆われているので中身も見えませんし、心理的にも安心感を感じます。(個人的に普通のマネークリップも好きですが)

また、一般的なマネークリップと比較してあまり折り目が付かない点も良いところです。

小銭入れがなく、カードはそれほど多くは入らないというデメリットはあるとは言え、薄いコンパクトな財布が欲しい方は、恐らくあまり無駄にカードは入れない方が多い(カードが多くなれば必然的に薄さはなくなるため)と思いますし、小銭も持たないまたは他に仕舞うなどしている方が多いと思いますので、この部分(デメリットの一つ)はそこまで気にならない方も多いかとも思います。

ただ、高品質本革を使用とは言え、個人的には価格はやや高めかなとは思いました。

※無駄を省いたコンパクトアイテムの中(知名度が高いハイブランドではないアイテムの中で)ではという意味ではです。

この点はあくまでも私の感想になりますので、人によっては安いと思う方もいるかとは思います。

物は良いので、違う視点から見れば比較的手頃な価格とも言えなくもないからです。

気になる方は是非一度細かくチェックしてみて下さい。薄くてコンパクトなアイテムをお探しの方にとってはおすすめな財布です。

スポンサーリンク