Kitchen Safe タイムロッキングコンテナのメリットとデメリット

Kitchen Safe タイムロッキングコンテナの写真

ここでは、Kitchen Safe(キッチンセーフ)タイムロッキングコンテナのメリットとデメリットについて、主に私の体験談を中心に以下に紹介します。

「The Kitchen Safe タイムロッキングコンテナ」とは、簡単に言うと欲求のコントロールをする箱みたいなもののことです。

その箱に、例えばスマホやゲームを入れてタイマーをセットしてロックすると、指定された時間になるまでその箱は開けることができなくなります。

基本的には壊さない限り絶対に開かない仕組みです。電池をはずしても開きません。

この仕組みにより、強制的に欲望のコントロールが可能というわけです。

実際に使ってみるとわかりましたが、意外と効果的です。

タイムロッキングコンテナのメリットとデメリット

メリット

幅広く使える
ロック後は時間まで絶対開かないのであきらめがつく
強制的に誘惑に立ち向かえる
時間を有効に使えるようになる
新鮮かつ面白いアイテムなので数回は利用することになる(結果的に効果を得る)
見た目もスタイリッシュで部屋に置いてもおしゃれに見えなくもない
依存症も治るかも?と思える効果

デメリット

価格は高いと感じる(人によって感じ方はある)
間違えた場合でも時間まで開かない(開ける場合は壊す必要がある)
自分自身でロックする必要はあるので意思が弱いと無意味

上記のようなことが挙げられます。

※これらは自分自身の体験談に基づくものが多いです。

まず、タイムロッキングコンテナは非常に幅広いものに使えます。

基本的には箱に入る大きさのものであれば何でも使えるからです。

スマホやゲーム(コントローラー等)を入れる人が多いようですが、お金やキャッシュカード、クレカも入れることは出来ますしその人によって色々なものを入れることが可能なため、非常に使い勝手が良いアイテムです。

例えば、私は目が悪い(近視)のですが、夜になると眼鏡やコンタクトをこの箱に入れたりすることがあります。眼鏡がないと何も出来なくなるので、無駄なことをせず寝ることになります。※もちろん、本当に何も出来なくなる可能性があるので注意は必要ですが。

Kitchen Safe タイムロッキングコンテナの中身の写真

※上の写真は、私が実際に紙幣や眼鏡等を中に入れている状態です。お金や眼鏡、またはキャッシュカード、クレジットカードを入れておけば夜間の無駄遣いなどを防げるので個人的には良いです。

また、箱に入らなくても、それ以上に大きめの鍵付きBOX(例えば金庫など)を用意し、鍵をタイムロッキングコンテナに入れるという使い方も可能です。

鍵が取り出せないので元の箱も開けられないというわけです。

そして、やってみるとわかるのですが、「ロック後は時間まで絶対開かないのであきらめがつく」というのがあります。

入れてロックしてしまうと不思議なものであきらめがつくのです。恐らく、物理的に破壊しない限り取り出せないからかと思われます。

Kitchen Safeタイムロッキングコンテナ自体が比較的高額な製品なので、壊そうという誘惑が出ても躊躇しやすいです。

そのため、強制的に誘惑に立ち向かえるというメリットがあります。

そして、誘惑を断つことで自己管理が可能になるため、時間を有効に使えるようになります。無駄を省きすっきりした気持ちで勉強をしたり、仕事をしたり出来るでしょう。

次にあげている「新鮮かつ面白いアイテムなので数回は利用することになる(結果的に効果を得る)」についてですが、これも珍しいアイテムなため購入したらやはり確実に数回は利用するはずです。

そうすればほぼ間違いなく効果を感じるかと思うのでそういう意味で損はあまりありません。※もちろん価格が高いので数回で利用しなくなると損ではありますが。

個人的にはこれで色々な依存症が治るんじゃないか?と思うほどの効果を感じました。

また、見た目もスタイリッシュで部屋に置いてもおしゃれに見えなくもないということから、より使いやすいということも言えるかと思います。

続いて、デメリットをみていきます。

まず、率直に言って価格が高いです。頑丈な箱にロックをするという内容にしては価格が高すぎじゃないかと思いました。(仕組みはシンプルで無駄がなく良いとは思いますが)

ただ、この価格が比較的高いということから壊したくないという心理も働くため、考えようによってはメリットとも言えます。

次に「間違えた場合でも時間まで開かない」についてですが、こちらは利用目的を考えると当然ながらメリットではあるのですが、やはり使い方を間違えると大きなデメリットになります。

何度も書いておりますが、一度ロックをすると指定時間になるまで開けることができないからです。

時間は最短1分から最長約10日ほどまで指定出来るのですが、10日は長いです。

つまり、指定時間を間違えたりすると大変なことになる場合もありえます。その場合、破壊して取り出すことになると思うので、購入価格を考えると壊すのはデメリットにはなるでしょう。※もちろん、しっかり管理して使えば問題ありません。

また、意外と見落としがちなのが、「自分自身でロックする必要はあるので意思が弱いと無意味」という点です。

結局は、多くの場合自分自身でロックすることになると思われるので、意思が弱すぎる場合は時間を短くしたりそもそも入れなかったりする可能性もあります。やはり、当然のことではありますが最低限の意思の強さ(入れてロックをする)は必要です。デメリットかどうかはわかりませんが、一応書きました。

ただ、私自身が利用してみて思ったことは、やはりメリットの方が圧倒的に多く、非常に面白い商品だなと感じています。

ちょっとした誘惑をコントロールしたかったり、時間を大事に使いたい方にとっては大変おすすめな商品です。