ケアリーヴ 円型サイズ(CL16C)のメリットとデメリット

ケアリーヴ 円型サイズのメリットとデメリットを紹介します。

円型サイズ(CL16C)はその名の通り円形で、さらにとても小さいため何気に使い勝手が良いです。

ただし、多少のデメリットもありますので以下にそれらも含めて簡単にまとめます。

メリット

就寝時などのニキビの薬の保護(ニキビ治療薬等)に使える
ニキビ隠しにも使える
ちょっとした虫刺され的な傷に使える
顔に使ってもそれほど目立たない
比較的水に強く作られている

デメリット

価格が高い場合がある※
売り切れの場合がたまにある
複数あるニキビ全てに使うとさすがに不自然になる場合がある

個人的に考えるメリットは一番上で挙げた「就寝時などのニキビの薬の保護(ニキビ治療薬等)に使える」です。

どういうことかと言いますと、ニキビの部分に皮膚科で処方された薬を塗布しても寝ている間にこすれたりどこかに当たったりして取れてしまうことがほとんどなのですが、薬を塗った上に「ケアリーヴ 円型サイズ」を貼るとそれを防ぐことが出来るのです。

もちろん、下でも書きますが他の絆創膏でも可能ではあるのですが、この円形サイズはピンポイントに貼ることが出来るので使ってみるとわかりますがとても便利です。

また、小さいサイズなのでニキビ隠しやちょっとした傷や虫刺されにおいて顔に使ってもそれほど目立たない点もメリットです。

なお、デメリットとしては価格が意外と高い場合があるということがあります。

これは、普通のドラッグストアよりAmazonで買った方が高いということもたまにあります。(昔は違ったのですが)

さらに、取り扱いがない店舗や、取り扱いはあっても売り切れになることが結構あるというのはデメリットかもしれません。

代替としては普通の小さめの絆創膏をハサミでカットして利用すると、見た目は少し悪くなりますがその場しのぎにはなります。

また、まとめ買いしておくとストック切れを防ぐことが出来ます。

なお、小さくて目立たないので使い勝っては良いのですが、さすがに複数のニキビ等に全て使うと目立ちます。