髪色もどしスプレー(1日だけの黒染め的な商品)のメリットとデメリット

パルティターンカラースプレーの写真

ここでは、髪色もどしスプレー(1日だけの黒染め的な商品)のメリットとデメリットを体験談を元に簡単に解説します。

このページで紹介するのはパルティのものですが、他のアイテムも似ている部分がありますのでご参考になさって下さい。

※あくまでも当サイトにて使用した感想・レビューです。人によってメリットとデメリットが違う場合があります。そのため、一つの参考程度にしてみて下さい。

髪色もどしスプレー(1日だけの黒染め)のメリットとデメリット

メリット

一時的な対策に使える
比較的安く手軽
耐久性が高い
洗い流せば元に戻る
メッシュやインナーカラーには使いやすい

デメリット

スプレーは意外と難しい(慣れれば大丈夫)
髪の毛全体は手間がかかる場合がある
スプレーが周囲に付着しやすい
やり方次第ではスプレーしているとバレる
髪の毛が固まる感じになる(パルティ)

このようなことが挙げられます。

まず、メリットから見ていきます。

髪色もどし的な黒スプレーの大きなメリットは「一時的な対策に使える」ということだと個人的には思います。

1日だけ黒髪にすることが出来るからです。(もちろん、1日ではなくても半日でも数時間でもOK)

例えば、緊急・突発的なことがあって誰かに合わなければならないが髪の毛が金髪でやばいという状況でも何とかなる場合が多いです。

このことは、髪の毛の色を明るくしたりする学生にもおすすめだと思われます。

また、次の「比較的安く手軽」という点もメリットです。比較的どこにでも売っていて手軽な価格で購入可能です。

このことからも、繰り返しになりますが突発的な状況に対応可能です。

続いて、「耐久性が高い」という点ですが、私の体験談としては朝スプレーすれば普通に1日もち、夏場で暑かった時にも使用しましたがその1日は黒いままでした。

雨に濡れたらどうなるかはわかりませんし、おそらくその場合(雨にあたってびしょびしょになった等)は影響があると思うのですが、普通に使用していれば耐久性・耐水性は高いと感じました。

次に、「洗い流せば元に戻る」についてですが、耐久性・耐水性は高いとは言え、シャンプーをしっかりして洗い流せば元に戻ります。

通常より多少しっかりと洗う必要はありましたがその日のシャンプー後には元に戻りました。

そのため、最初に書きましたように、一時的に黒に出来るという点はやはりメリットだと言えます。

なお、メッシュやインナーカラーの部分だけクロスプレーした場合はより簡単に洗い流せるかと思います。

もちろん、その場合はスプレー自体もすぐに終わります。そのため、メッシュやインナーカラーには使いやすいというメリットもあるかもしれません。

続いて、デメリットについて簡単に見ていきます。

まず、スプレーは意外と難しいという点があります。慣れれば問題なくなりますが、最初の数回は苦戦する場合があるかもしれません。

このことは、その次に挙げている「髪の毛全体は手間がかかる場合がある」や「スプレーが周囲に付着しやすい」にも繋がります。

意外と難しいことから、髪の毛全体にスプレーする場合、何気に手間がかかりますし、場合によってはスプレーが周囲に(例えば壁や床、洗面所)付着したりすることがありました。(体験談)

ただ、そのことは、メリットで挙げている「メッシュやインナーカラー」にはあまり該当しないのですし、髪全体でもある程度練習すれば何とかなってきますのでそこまで気にしなくても良いレベルです。

次に「やり方次第ではスプレーしているとバレる」についてですが、こちらも髪の毛全体にスプレーするとムラになったりする場合があり、状況によってはスプレーしていることがバレてしまうという点も多少のデメリットです。

もちろん、こちらも丁寧にスプレーすれば問題ありません。

あとは、「髪の毛が固まる感じになる」という点も個人的には少しだけ気になりました。(パルティターンカラースプレー)

スポンサーリンク