鼻呼吸テープと顎サポーターを比較

鼻呼吸テープと顎サポーターの写真

ここでは、鼻呼吸テープと顎サポーターを簡単に比較します。

主に、それぞれのメリットデメリットから使い勝手を考えたり比較していきますが、どっちが良い悪いといったことではありません。どちらにも特長・利点があります。

そのため、自分に合うアイテムを使用するための一つの参考程度になさって下さい。

当サイトで紹介した鼻呼吸テープと顎サポーターはナイトミン(小林製薬)とCutona(キュトナ) いびき防止グッズ 顎サポーターですが、それぞれのメリットとデメリットについては以下のページを参考にして下さい。

鼻呼吸テープを貼って寝るメリットとデメリット

Cutona(キュトナ) いびき防止グッズ 顎サポーターのメリットとデメリット

まず、根本にあるのが「鼻呼吸に誘導、口呼吸の予防・いびき対策」です。つまり目的や効果は基本的には同じです。

その上で、上記ページのメリットとデメリットから比較すると自分に合うアイテムがわかりやすいです。

違いの比較

大きな違いとしては、その都度使用(使い捨て的な)なのかそうではないかです。

鼻呼吸テープは、基本的には寝る前に貼って起きたら取る、そして次の日はまた新しいテープを使うといった流れになるかと思いますが、顎サポーターは同じもの(汚れたら洗濯可能)を壊れたり劣化したりするまで使用していく流れです。

当たり前のことではあるのですが、この点がその他の部分にもつながる大きな違いです。

鼻呼吸テープのデメリットとして、「夜中に水を飲むときにやや困る」(※ストローを使えば飲めます)ということや「短い睡眠(例えば昼寝)には不向き(もったいないため)」みたいなことがあるのですが、この部分が気になる場合は顎サポーターを使用することである程度解決します。

また、 顎サポーターのデメリットである「寝癖がつく」「夏に暑苦しい」という点については逆に鼻呼吸テープを使用することで解決します。

そのため、自分自身がどのメリットを優先しどのデメリットを気にするのかという点からどちらを選択するか決めていくのがおすすめです。

個人的には、両方購入して使い分けが良いとは思いますが、やはり多少の費用がかかるので、自分に合うものをそれぞれのメリットとデメリットから判断すれば良いのかなと思います。

ちなみに私は最初に鼻呼吸テープだけを使用しておりましたが、昼寝時に困る(その都度使用はもったいない)ことから顎サポーターを購入し昼寝にはサポーターを使うようにしております。私の生活上、昼寝は重要だからです。ですので、最初はどちらかだけを使用してみて何か困ったらもう一方を検討するのも良いと思います。目的や効果は同じなのに特徴が違うので意外と2つあると便利ではあります。

スポンサーリンク