ゴールドカード比較(一覧表)・メリットとデメリットを把握しよう

ゴールドカードのイメージ

※クレジットカード比較侍.comの閉鎖により一部関連記事を当サイトに統合しました。

主要ゴールドカードを、年会費、付帯保険(旅行傷害保険)、空港ラウンジサービス、プライオリティパス提携有無(※P表示)などで比較します。

ここでは、下表の「その他」部分に、総合的にバランスの取れたカード(総合)、カーライフ向け、マイルが貯めやすい系、スマホをよく使う方向け、個人事業主でもOKカードというように目的別に簡単に分けて、比較・記載します。

このページは随時更新予定です。

※下記のゴールドカードの年会費は、可能な限り調査し記載しておりますが、消費税変更等含め変更となっているものもあるかもしれません。そのため、内容は公式サイトでもご確認下さい。

※プライオリティパスはPと略して表示。また、詳細は公式サイトでもご確認下さい。

カード名 年会費 付帯保険 空港
ラウンジ
その他
楽天プレミアムカード 11,000円 国内:最高5000万
海外:最高5000万

P
総合
三井住友カード ゴールド 11,000円 国内:最高5000万
海外:最高5000万
総合
アメックス・ゴールド・カード 31,900円 国内:最高5000万
海外:最高1億

P
総合
ダイナースクラブカード 24,200円 国内:最高1億
海外:最高1億
総合
JCBゴールドカード 11,000円 国内:最高5000万
海外:最高1億
総合
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード 13,200円 国内:最高7000万
海外:最高7000万
総合
セゾンゴールド・アメックス 11,000円 国内:最高5000万
海外:最高5000万

P
総合
MUFGカード ゴールド 2,095円 国内:最高2000万
海外:最高2000万
総合
セディナゴールドカード 6,600円 国内:最高5000万
海外:最高1億
総合
UCSゴールドカード 3,300円 国内:最高1000万
海外:最高5000万
総合
DCゴールドカード 11,000円 国内:最高5000万
海外:最高5000万
総合
JCBドライバーズプラス ゴールドカード 11,000円 国内:最高5000万
海外:最高1億
カーライフ
JALカードCLUB-Aゴールド 17,600円 国内:最高5000万
海外:最高1億(JCB)
マイル
ANA VISAワイドゴールドカード 15,400円 国内:最高5000万
海外:最高5000万
マイル
ANA JCBワイドゴールドカード 15,400円 国内:最高5000万
海外:最高1億
マイル
デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド・カード 28,600円 国内:最高5000万
海外:最高1億
マイル
SoftBankカード プレミアム終了 10,000円 国内:最高5000万
海外:最高5000万
スマホ・携帯
NTTグループカードゴールド 5,500円 国内:最高5000万
海外:最高5000万
スマホ・携帯
dカード GOLD 11,000円 国内:最高5000万
海外:最高1億
スマホ・携帯
auじぶんcard(MUFGゴールドプレステージ)終了 10,000円 国内:最高5000万
海外:最高5000万
スマホ・携帯
JCB法人カード(ゴールド有り) 11,000円 国内:最高5000万
海外:最高1億
個人事業主OK
アメックス・ビジネス・ゴールド 34,100円 国内:最高5000万
海外:最高1億
個人事業主OK
スポンサーリンク

■ 求める機能・目的等で比較し、自分に合う1枚を

上の一覧表を見比べてみますと、意外にもプライオリティ・パス登録可能なカードが少ないことがわかります。

そのような状況ですが、楽天プレミアムカードは年会費11,000円でプライオリティパス登録可能と、全体的なバランスはとても良いです。そこまでステータス性にこだわらなければ、非常に利便性の高いゴールドカードです。

さらに上級、ステータスの高さを加味すれば、やはりアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードやダイナースクラブカードが上記ではおすすめです。

プライオリティパスにこだわらなければ、三井住友VISAゴールドカードもバランスが取れているでしょう。知名度も高くステータス性も十分あります。

また、国際ブランドが何でも良いのであれば、日本での知名度がとても高いJCBゴールドなども良好です。JCBの特徴として、年会費は一般的な額ですが海外傷害旅行保険が最高1億円に設定されていることが多いです。

※ゴールドの種類によって異なりますので公式サイトでもご確認下さい。

コストパフォーマンスを考えた場合、SBIゴールドカードは年会費5,250円と格安で、比較的付帯保険も充実している印象がありますが、空港ラウンジサービスはありません。

やはりうまく出来ているもので、何かを選ぶと何かが多少犠牲(この場合、年会費の安さ)になるということが言えるのだと思います。

※ただ、年会費が格安でサービス面も充実しているゴールドもございますので、20代向けカードを比較したりすると良いかもしれません。

携帯の節約を考えた場合ですが、基本的にはサブとして一般カードを利用するかと思います。しかし、上記の表を見て比較すると、ゴールドになると意外にもきめ細かいサービスが受けられることがわかります。

サービス面では、どのカードもメインのゴールドにしても良いと思うほどのクオリティとなっておりますので検討の余地は十分あります。

最後に、年会費の高低はもちろん上記のように求める機能やステータス、目的やライフスタイルを考慮しながらそれぞれ比較し、自分に合う1枚を探すと良いでしょう。

■ 目的によってメリットとデメリットは変化する

上記においては、年会費、付帯保険(旅行傷害保険)、空港ラウンジサービス、プライオリティパス提携有無での比較でした。

その場合、例えば、「年会費の安いゴールドカードで空港ラウンジを利用したい」ということであれば年会費が高すぎるとデメリットになりかねませんし、そもそも空港ラウンジが利用出来ないカードであればゴールドカードであっても当然デメリット(目的に合わないのに年会費がかかる)になるでしょう。

逆に、年会費が安くかつ空港ラウンジ利用可能なカードということであればメリットが十分に得られるということになります。

このことは、付帯保険やプライオリティパス登録可能等においても同様です。

海外旅行に行くためという目的があって付帯保険が充実しているクレカ(ここではゴールドカード)をお探しの場合であれば、高い年会費がかかるのに付帯していないということになればメリットは得られません。

その一方で、付帯保険(国内・海外旅行傷害保険)が充実していてさらにプライオリティパスも登録可能ということであれば、年会費にもよりますが大きなメリットを得られるかと思います。

また、上の比較表にはない違う視点からで言えば、例えば即日発行を希望していたり、とにかくステータスが高いカードが良い!という場合でも同様のことが言えるでしょう。

ただ、上記以外も含め、全てを兼ね備えるということになると年会費が高額になることがほとんどですので、バランスは大事です。(年会費は普通レベルが良い等の場合)

やはり、ゴールドカードは一般的に年会費は高くなることが多いです。そのため、その部分(目的&バランス面)においては事前に一般カード以上に丁寧に比較しておくとより良いかと思います。

スポンサーリンク